読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プルートのアーカイブ

最近見た映画、本、その他興味のあることについて書いていきます。

成人式に参加しなかったことをこんなにもずるずると後悔するとは思いもしなかった

成人の日から約1か月。

 

なぜこんな記事を書くか?

 

後悔しているからだよ!

 

成人式に行かなかったことを!

 

 

僕も成人式の時には行くメリットがあるのかネットで調べまくった。

 

そしてたまに見かけるこの言葉。

 

「後悔するから絶対に行ったほうがいい」

 

お前はな!

 

こちとら悩みに悩んで行かないって決めとんじゃ!

 

後悔なんかしねぇよ!     

 

    みっともねーなー!

 

 

 

2年後・・・・・・

 

 

ほんとでした。

 

 

 

僕はその当時夢を追ってすでに上京していました。

 

しかし式に出るには地元に帰る交通費もいる。スーツもいる。二次会には小ぎれいな恰好をしていかなければいけない。

 

 

飯を食うのにも精一杯な僕は

 

帰るためのお金を持っているはずもなく。

 

服もよぼよぼのグレーのパーカーしか持っていない。

 

スーツもない 。₍そもそも足が短くて太い僕に似合うスーツなんてない₎

 

 

 

 

こんなんで出られるかっ!

 と思い、結局参加しなかった。

 

 

逆に僕はこれをバネにして頑張ってやろうと思った。

 

 

だが、現実はそんなに甘くはない。

 

あるときラインのタイムラインが更新された。

 

みてみると友達の成人式の写真だった。

 

 

 

僕がいないのにめっちゃ笑ってる!

まるでいないことを全く気にしていないかのよう。

 

それに

 

友達「俺は黒髪が好きだから髪は染めないぜー。」

 

僕「だよなー。」

 

とか一緒に言ってた一番仲の良かった奴が茶色に染めてたり。

 

なんかいろいろショックで立ち直れなかったのを覚えている。

 

今もだけど。

 

 そもそもなぜ行きたくないのか?

 

僕なりに考えてみた成人式に行きたくない人の

理由はこんな感じ。

 

  1. 昔いじめられていた
  2. 容姿、スタイルなどコンプレックスがある
  3. なんかめっちゃ緊張する
  4. 仕事の都合

 

 

 

僕自身、足が太い₍とくに太ももまわり₎というコンプレックスがあり

スーツ着ても恥ずかしいだけ。というのがあったんです。

 

 

 

でもこんなのなんてどうでもいいことだったんです。

 

 

一番の後悔。

 

それは、

 

親を残念な気分にさせてしまったこと。

 

 

あとになって考えてみると、

親って娘や息子の一生に一回の晴れ姿見たかったんだろうなー。

って思います。

 

 

母親に電話で

「年末こっち帰ってくるの?」「成人式でるの?」と言われ

日々のことがうまくいかず自暴自棄になっていた僕は

「東京で結果残すまで帰らない。だから成人式にも出ない。」と言ってしまいました。

 

母親は「そう。」「あんたがそう決めたのならしょうがないわね。」

と言いましたが、その声は少し寂しげで

今思うとすごく親不孝なことをしてしまった。と思っています。

 

地域での交流が盛んな田舎のため息子が成人式にでないことで顔に泥を塗ってしまったとも思っています。

 

それと後でまわりに話を聞くとそこまでクラスの中心人物ではなかった人も思ったよりも楽しかったって言うんですよ。

 

 

 

だから悩んでる人。

 

成人式でてください。

 

 

出てつまらなかったら二度と出なければいい話です。