読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プルートのアーカイブ

最近見た映画、本、その他興味のあることについて書いていきます。

キセキ あの日のソビト を見てきた

 どうもプルウトです。

 

タイトルの通り、キセキ あの日のソビトを観てきました。

 

ん?ソビトってなあに?

 

って思った方いるはずです。でも安心してください 僕も思いましたから₍笑₎

 

実はGReeeeNによる造語らしく、素人または空人。自由に新しいことに挑戦していく人。

のことらしいです。

 

 

GReeeeNは僕の青春

 2008年私がまだ中学一年生のころルーキーズというドラマが大ヒットし、

それの主題歌がGReeeeNのキセキでした。

 

一年生は部活に入らなくてはいけないのでなんとなく野球部に決めました。

 

しかし、小学生の頃から野球をやってきた子達には勝てるわけもなく

伸び悩んでいました。

 

そんなときルーキーズが放送され、それをみては素振りや壁あてなど自主練に励んでいて、そのとき頭の中で流れていたのがGReeeeNのキセキでした。

 

GReeeeNの曲を聴くとその時の思い出や景色がよみがえるし歌詞がストレートでそのまま心に響くのも魅力の一つだと思います。

 

 

 

 

 

 

  • どんな映画?

 

 観てきたうえでかみ砕いて説明します。

 

あの名曲キセキができるまでのおはなし。

 

GReeeeNのリーダーHIDEさんとそのお兄ちゃんJINさんに焦点をあてて

その二人とGReeeeNのメンバーがいろんなことを乗り越えてデビューし

売れていくという内容です。

 

 

 

 

 

 

 

  • 感想

 

結論から言うと良かったと思います。

 

僕自身、夢を追っている状況ですのでそんな自分と重なり明日からまた頑張ろうと力を貰える映画でした。それとなにか必死で打ち込めるものがあるって幸せなことでほんとに素晴らしいことなんだと再認識できました。

 

最近元気ないだとか人生つまらないと少しでも感じるならば観ることをおススメします。

 

実際に劇場を出た後、心が軽くなって電車で帰る予定が歩いて帰りたくなりそうすることにしました。思ったより寒くて風邪ひきました。

 

が、後悔はしてません₍笑₎

 

あと劇中で流れてくるGReeeeNboysの曲も良かった

 

 

最後に僕が印象に残った場面を紹介して終わりたいと思います。

軽くネタバレです。

 

  • 印象に残った場面〈ネタバレあり〉

 

 

病気の少女がGReeeeNの曲キセキを聴いて「私、生きたい」と担当医に言った部分。

 

ミュージシャンだったり芸人さんだったり人を元気にしたいだとか笑わせたいと願っている人にとって自分の作品でそうなってくれることが一番うれしいし報われる瞬間なのかなと思いました。

 

 

 

最後にエンドロールとともGReeeeNのソビトが流れてくるんですが

これでまた感動してしまいました。

 

 

 

少し大げさになってしまったかもしれませんがGReeeeNを好きな人なら

観て損はないですよー。